Excel講座

密かにリニューアルしました。

Excelで不動産間取り物件は作れますか?
そんな質問と期待に答えたいと思います。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
間取りを作るときのExcel基本
Excelで間取りを作るときにExcelの機能を使うとよりやりやすくなる。
これは間取り全てに当てはまる。

ちょっと見てみよう。

■セルの幅を方眼紙的に利用する
これは簡単である。
セルを全て選択し、列と行の幅を同じにする




これで同じ大きさの図形や均等の幅が作りやすくなる。
だがこの状態だけだと図形がマウスの微妙なずれにも
左右されてぴったり揃わないことが多い。
すなわち方眼紙的な意味が半減している状態である。


■グリッドを有効にする
これがポイント。Visioを使ったことがある方なら分かると
思うが、そのイメージをExcelで表現できる。
パワーポイントもグリッドが初期設定になっているので
図形を動かすとカクカク動く。
Wordも同様である。

イメージがわかない方はExcelで実際に試した方が早い。


これで四角の図形を置いて適当な大きさに変更してみて欲しい。
するとどうだろう。
この四角形の大きさが先ほど設定したセルの幅(マス目)単位で
動くと思う。
これで間取り作成の使い勝手が2倍以上楽になる。

次回はサンプルでパーツを作ってみよう。

| - | 22:37 | comments(1) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/10/18 9:14 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/04/02 11:25 PM |